デザインをレディメードにしたCSS!

CSSというものが誕生したわけは?

WEBページの見映えを良くするための言語であるのが、CSS(カスケーディング・スタイル・シート)というものです。
このCSSを用いることによって、文字だけで作られているWEBページに背景を設けたり、WEBページを見映えの良いレイアウトにすることができるわけです。
こうしたWEBページのデザインというものは、元々はhtmlでWEBページ本体といっしょに記述していたのですが、これではWEBページの内容作りとデザインとの分業ができませんし、デザインが苦手である人は、見映えのいいWEBページを作ることができません。
このために、WEBページの内容記述とは別個にデザインを行えるよう、CSSというものが考案されたのです。

CSSがもたらした最大のメリットとは?

CSSによってWEBページの内容作成とデザインとが分離されたことによる最大のメリットは、何といっても、デザインが苦手な人であっても、自分のWEBページにデザインを施してしまうことが簡単にできるようになったことでしょう。
このことは、フリーでブログフレームを提供している多くのブログサイトが、ブログ作者のために様々なパターンのデザインを用意していることでもわかります。
このために、ブログを作成しようとしている人は、ブログサイトが用意しているCSSによる豊富なデザインの中から、自分の好みのデザインを自由に選択することで、自分のブログに好みのデザインを設けることが簡単にできてしまうのです。
デザインが得意な人であれば、もちろん、自分でCSSを記述してオリジナルのデザインを行うことができます。