HTMLだけじゃダメ?!CSSをなぜ使う

発展続けるウェブに対応するべく誕生

CSS(カスケード・スタイル・シート)は「ウェブページの外観を設定するもの」です。あらゆるウェブページには「設計図」があり(ソースといいます)、記述そのものや構造(段落など)を示す「HTML」がまずあり、それに添える形で「フォントはこのように、背景はこう、入力フォームの色は‥‥」と設定するのがこのCSSです。
HTMLはインターネットができて以来使われており、実はこちらだけ上手く書いてやればウェブサイトを「一応」表示させる事ができます。古くからホームページ作りに親しんだ人ならHTMLだけで随分と多彩な「表現」を行えるのでしょう。ですが一定レベルを超えた凝った表示は決して得意とする部分ではありません。またPCやスマホとかつて考えられぬ程 多くの人が参加して発展を続けるウェブにおいて、実際の利用シーンにて求められているページ表現を実現するのがHTML単独では難しくなってきました。

よく使う箇所はわずか、それを見極めて

そんな経緯から「では機能を分業しましょう」とHTMLに後付けするカタチで世に出てきたのがCSSです。メリットは2つ、まずはサイト全体にわたる外観の体裁を「一括」で変更できるという点です。以前ならばページAとページBに同じ外観を与えたいと思ったら、同じ設定をそれぞれのHTMLに書き込む必要がありました。
そして HTMLには出来ないほど詳細な設定ができる点がもう一つのメリットです。やはり「外観専門」として誕生しただけはあり、相当に「テクニカル」「トリッキー」なことまで出来るのはご存知のとおりです。
いままでHTMLの知識一本でウェブ制作を行ってきた人にとっては「意識改革」を強いられる昨今の流れではあります。そういった人からは「CSSはヤヤコシイ」という声も聞かれなくはありません。CSSは広範にわたって詳細設定ができ、学習時そこに注目しすぎると煩雑さばかり目についてしまいます。ですが ひんぱんに触る部分というのは僅かであり、そのあたりさえクリアしてしまえば良い‥‥とその道の先達による有り難いメッセージもあります。どこがツボなのか、上手に見極めるのが使いこなしの早道かもしれません。

ホームページ作成の実績にこだわりながら業者選びをすることで、初めての人にとっても、納得のゆくサービスを受けることが可能です。